増えたカタログギフト

最近めっきりこのカタログギフトというのが増えました。
以前だと結婚式の引き出物くらいでしたが、最近は子供の出産祝いのお返し、香典返し、ポイントの景品、また新聞の購読の景品などにも幅広く使われるようになりました。

結婚式だと帰りに重い荷物を持たなくていいこともあり、このカタログギフトは大変嬉しかったことを覚えています。
引き出物は大抵使わないものが多く、正装して履きなれない靴を履いているうえに使いもしない、かさや重量だけある荷物を持ちかえらされることは、苦痛でしかありませんでした。
また親戚に大層趣味に凝る方がいらして、何かお祝いを送る度にものすごく立派な焼き物の壺や皿が届き、途方にくれることもしばしばでした。
こんな高価だけど使わないものを貰うのならば、現金で貰ったほうがよほど嬉しいと思うのは私だけではなかったはずです。

その現金を形に替えたものがカタログギフトだと思います。
結婚式の引き出物としてのカタログギフトだとそれなりの金額がしますので、それほど品物の選定に迷わないのですが、新聞の景品のように
あまり値の張らないものだと、欲しいものが何もない、という状況がよくありました。
また私は食品は産地や添加物などを気にするほうなので、カタログによってはそのような情報がない場合があります。
せっかく欲しいものがあっても、どこのものかわからないものを頼むわけにはいかないので、泣く泣く諦めた経緯もありました。

ただ果物などは産地が書いてあります。
今申し込んでも届くのは忘れた頃ですが、それが逆に思いがけない贈り物をもらったようで嬉しかったこともありました。
またスプーンや皿などの場合、写真ではよく見えても、現物は何とも安っぽい商品が届いてがっかりしたことも多々あります。
いろいろなブランド名がついているので安心して頼みましたが、あのブランド名は単なる飾りのような場合もあるようで注意が必要だと思います。

またカタログギフトは選んでいる間も家族みんなで楽しめるところがいいと思います。
うちはみんなカタログ好きなので、カタログギフトを見ながらあれこれ話すのが大好きです。
各自が欲しいもののページを折り曲げ、
その中から一つに絞る作業も、大変ですが楽しいものでした。

ただうちの家族は選ぶだけで満足してしまうので、実際に注文するのを忘れそうになったこともたくさんあります。
私の母も高齢ですが、よくカタログギフトの本を貰うようで、欲しいものがないかよく聞かれました。
高齢者だと字が小さかったり、頼むのを忘れてしまうなどのことがあるので、周りの人がサポートしてあげるといいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*