災害時に命をつなぐ保存水

保存水とは未開封の状態で長期間保存できる飲料水のことを指します。多くいの場合保存可能期間は5年間で、500mlペットボトルのものから2Lの大きめのものまで需要に応じてバリエーションも多くあります。
目的としては災害の備蓄です。水というのは生命の維持には欠かせません。身体の健康に水の摂取は欠かせません。逆に何も食料が無くとも水さえあれば3週間から4週間程度生命を維持することは可能です。その他にもけがの治療や歯磨きなどにも清潔な水は必要になります。
しかし災害時には水道設備が故障し思い通りに清潔な水を十分に確保することは非常に困難です。そのため阪神淡路大震災や東日本大震災などの大きな災害が起きた際には、自衛隊やボランティア団体の協力のもと、利用可能水を貯水タンクに貯めて配給するといった活動が行われます。ただしその量は被災者になるべく均等に配給されるものでそう十分な量は期待できず、またそもそも安定して供給されるといった保証は全く無く、特に災害発生当初には救助隊が現地入りするまでに早くとも二日から三日要するため、この初めの三日間をいかに生存するかが重要な要素となってきます。
そうした視点からすると各自で防災意識を持って予め備蓄用の水を確保しておくことが賢明な判断であり、日本政府をはじめとして各市町村でも災害に備えた自衛を奨励しています。しかし市販のペットボトル入りの水を備蓄用の水としておくと知らない間に保存可能期間を超えてしまい安全に飲むことができなくなります。
こうしたことに対応しているのがこの保存水で、最大5年間という長期間常温で保存可能であることは非常に重要なポイントです。これだけ長ければうっかり備蓄した荷物の点検を怠っていたとしてもたいていの場合まだ安全に水は飲用できるはずです。
東海地震、東南海地震など今後大きな地震が発生するだろうと多く報道されています。そのためにもまずは自衛の心構えが重要です。先述したとおり生命維持のためには清潔で安全な水は必要不可欠ですから、こうした保存水を利用することは非常に得策です。最近では品ぞろえも豊富で、相場としては2Lの6本入りで千円少々で手に入れられます。災害時一人当たり2から3L一日摂取するとして、四人家族の命を三日間つなげるのに必要な額は3000円弱です。この額で家族の命を守ることができるのであれば決して高い買い物ではないといえるでしょう。